教育界のフロントランナーインタビュー・コラム

【活用事例】個に応じた教育と多様な進路の実現をサポートしてくれる強い味方!(徳島県立徳島商業高等学校)

投稿者 Ai GROW 運営事務局 2020/01/06 12:47:37

jirei-title (1)

徳島県の商業高校の中核校であり、地域に貢献する即戦力人材の育成と個に応じた多様な進路を実現する徳島県立徳島商業高等学校。Glocal (Global+Local の造語)人材の育成を目指す同校は、生徒が自ら「学び」「考え」「解決」する機会を積極的に設けている。同校の商業科担当で数多くのプロジェクトの研究主任を務める鈴鹿剛先生に、「Ai GROW」の導入と活用の有用性について話を伺った。

新入生の特徴を早い段階で正確に把握できる

「Ai GROW」では生徒の気質とコンピテンシーを計測することができますが、入学したての1年生の初期段階では「Ai GROW」の気質診断が特に有用です。これまで入学直後や4月の段階では「この生徒はこういうタイプだろう」と、経験則からあたりを付けて指導を進めざるをえませんでしたが、「Ai GROW」によって生徒の気質を早期に、そして正確に把握できるようになりました。

国公立大学などへの進学を希望する生徒や全国で活躍する部活動においてレギュラーを目指す生徒ほど、先生に認められたくて、自分の能力以上に頑張ろうとします。その頑張りが極限値を超えると心身のバランスを崩してしまう場合がありますが、生徒の気質を把握できたことで、その可能性のある生徒を早期にフォローできるようにもなるのも「Ai GROW」導入のメリットだと思います。

また、「明るく外向的に見えるけれど実は内向的」というように、日頃接する中で持っていた印象と異なる気質を持つ生徒がいることも、「Ai GROW」の気質診断の結果から明らかになりました。先入観を持つことの良し悪しはあると思いますが、入学したての頃の生徒は仮面を被っていることもあって本当の姿が分かりにくいもの。エビデンスを得たことによって頑張りすぎやモチベーションの低下を防ぎやすくなりましたし、生徒指導が楽になりました。

big5▲「Ai GROW」では5つの項目にわたって認知バイアスを測定することで、
生徒の生まれ持った潜在的な性格を正しく測定する。

 

指導経験の少ない先生の指導力の底上げに

高校生は真っ直ぐで自分で自分をコントロールすることが難しいからこそ、教師は外部要因としてエビデンスに基づいたサポートやフォローをする必要があるのではないでしょうか。「Ai GROW」の管理者ページには、「学習の動機付け」や「適した学習スタイル」など、生徒への声掛けや生徒指導に役立つアドバイスが記載されているため、若手の先生や指導経験の少ない先生でも生徒一人ひとりに適した指導ができるようになるのではないかと思います。

管理画面では気質もコンピテンシーも、またその成長もスコアで確認できるので、私自身も生徒の特徴や成長をほかの先生方に伝える際に助かっていますね。また、われわれ教師だけでなく、「Ai GROW」の受検は生徒にとっても良い学びの機会になりました。本校に限った話ではないと思いますが、生徒はクラスメートを評価する「他者評価」を経験したことがありません。「Ai GROW」の受検で「他者評価」を経験できたことによって「他の人を見る目」が養われたような気がします。二次的な効果ではありますが、今後、他者との協働や対話をするうえでとても大きな意味を持つと思います。

karte

▲「Ai GROW」の管理者ページの一部。
生徒の学習動機や学びのモチベーションと適した学習スタイルが確認できる。

 

定期的な計測で生徒の成長と教育効果を可視化

生徒の性格の傾向を明らかにする診断テストは、昔から学校教育現場でよく利用されています。中には性格の傾向から「あなたはこのような職業に向いています」と、適した職業や進路を提案するものもあります。「Ai GROW」は、その時点の能力に応じた評価や提案をする従来の診断テストとは違い、生徒の資質・能力を明らかにした上でその能力の成長をサポートする、いわば生徒の可能性を広げるためのツールです。

pdca-1▲「Ai GROW」の個人レポートには業界・業種別コンピテンシーモデルも掲載。
現状と目標とのギャップを明らかにして成長をサポートする。

今後は「Ai GROW」の受検機会を定期的に設け、部活動や学校行事、その他のさまざまな教育プログラムを通してどのコンピテンシーがどのように変化していくのか、生徒の成長と教育効果の可視化をしていく予定です。さらに、部活動においてもどんな能力が成長するのかが明らかになれば、本校の入学を検討する中学生への部活動推薦の後押しにも使えるのではないかと考えています。

生徒の気質や能力が正確に把握できることはわれわれ教師にとってとても大きな助けになるはずです。また、これまで難しかった生徒の成長や変容の可視化には非常に大きな意味があると思います。「Ai GROW」は日々の生徒指導だけでなく、指導要録や調査書、推薦書の作成にも役立つのではないかと期待しています。

 

カテゴリー: インタビュー, 活用事例